ダイエットの口コミと効果のレビューサイト!

MENU

5キロ痩せる方法はどれなのか?

痩せる方法について考えてみた

世間には、多くの方がダイエットをしてスタイルを良くしようと考えています。

 

男性女性限らず日本人の多くが自分の体型に不満を持っているのです。
特に、私の感覚ですと5キロから10キロ痩せたい人が最も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、5キロ痩せるには、どのような方法を選択すればいいのか考えてみました。

 

ちなみに、5キロ痩せると言っても、様々な方法がありますが、代表的な痩せる方法を紹介します。

 

 

 

短期間で5kgのダイエットをするには?

5キロ痩せたいとか3キロ痩せたいと言う人は多いのですが、短期間で痩せたいと言う人も多いです。

 

来週、海に行かなければならないからスタイルを良くするために5キロ痩せないなどの場合です。
しかし、1週間で5キロは無理をすればもちろん痩せる事は可能ですし、短期で痩せる方法は存在します。

 

期間限定で負荷の強いダイエットをするという選択肢になってしまうのですが、その場合はリバウンドする可能性が飛躍的に高まります。

 

さらに、体に副作用が出てしまったり場合によっては、見た目がやつれてしまったり、老け顔になってしまうなどの美容に関するデメリットもあるはずです。
それらにデメリットを考えると、どうしても短期間で痩せる方法と言うのはお勧めできません。

 

ただし、最近ではダイエットに対する研究がかなり進んでいて1カ月に5キロ痩せる方法であれば、健康的にダイエットできる方法はあるのです。

 

1カ月で5キロ痩せる方法が人によっては不満かも知れませんが、5キロ痩せるのであれば最低1カ月の猶予を考えていきましょう。
私の中では一週間で5キロのダイエットが出来なくても、1カ月で5キロ痩せる事が出来れば十分に即効性のある痩せる方法です。

 

 

食事制限で5キロ痩せるには?

食事制限と言うのは、代表的な痩せる方法だと言えるでしょう。

 

ちなみに、5キロ痩せるには絶対に食事制限は必要だと言えます。
ここの必要と言うのは、必要以上に食べて5キロ痩せた人はいないという事です。

 

痩せる方法を考える上で重要なのは、やはり、食事制限だと言えます。

 

ちなみに、当サイトでおすすめしている痩せる方法の場合は1カ月で5キロのダイエットは可能ですが、ドカ食いしてしまったら意味がありません。
そのため、ダイエットするならまずは、必要以上に食べない事を意識しましょう。

 

昔の人は腹八分と言いましたが、それはダイエットにおいても凄く重要だと言えます。

 

痩せる方法は、サプリ、ドリンク、着用、スムージー、運動器具、ジムなど様々ありますが、食事を考慮しない痩せる方法は必ず失敗すると思ってください。

 

 

1日の摂取カロリーと消費カロリーを計算してみましょう

昔からダイエットのおいて、カロリー計算は大事だと言われてきました。

 

未だにカロリー計算と言うのは超重要項目です。
つまり、1日の摂取カロリーと消費カロリーを計算して、消費カロリーの方が多ければあなたの体重は減っていくことになります。

 

逆に、摂取カロリーが多くなると、あなたの体重が増えていくわけです。
理論的には、たくさん食べても、消費カロリーが増えればダイエットにはなります。

 

しかし、運動と言うのは、多くの方が思っているよりも遥かに、消費カロリーは少ないのです。

 

 

痩せる方法として多くの方が思いつくランニングがあります。

 

そこで、あなたがランニングを2キロしたとします。
消費カロリーはあなたの体重などによって違うので一概には言えませんが、平均的な男女の場合であれば、おにぎり1個余分に食べただけで、消費カロリーはチャラになってしまうのです。

 

カロリー計算で考えても食事制限はダイエットにおいて重要項目に違いはありません。
食事制限なくしてダイエットは達成出来ないでしょう。

 

 

無理な食事制限はリバウンドの元

食事制限と言うと極端な場合は絶食とか考えてしまう人もいます。
確かに、絶食と言うのは体重を落とすだけであれば最短で痩せる事が出来るでしょう。

 

しかし、絶食にはリバウンドが付き物です。

 

絶食とまで行かなくても、過度な食事制限はリバウンドの元となります。
5キロ頑張って落としたいとしても、直ぐにリバウンドする事は目に見えています。

 

さらに、過度な食事制限は筋肉の低下や免疫力の低下などの悪影響があり、次にダイエットをする時は、さらに痩せにくい体質になってしまうわけです。

 

ダイエットとリバウンドの繰り返しを行っている人は、やればやるほど太りやすい体質になってしまいます。
それを考えてしまうと、無理な食事制限はしない方がよいでしょう。

 

痩せる方法として食事制限の重要度は「AAA(トリプルエー)クラス」なのですが、極端に絶食すると痩せる方法ではなく「リバウンドする方法」になってしまいます。

 

 

1日何食が理想なのか?

痩せる方法として食事制限が大事な事は分かってくれたはずです。

しかし、最適な痩せる方法を考えた上で1日に何食食べるのがベストなのか考えた事はあるでしょうか?
ダイエットの書籍は何冊か読んだ人なら分かると思いますが、1日に何食が良いのかは専門家によって見解が異なります。
毎日、少量で10食が良いという人もいれば、朝、昼、晩と食事をしないとダイエットは出来ないとか、朝食は食べない方がいいとも色々と言われています。

 

尚、最近の自己啓発書などでは、「1日1食」が理想という人もいる位です。

 

1日1食に関しては、夜だけ普通に食べる場合が多いのです。
さらに、ごぼう茶で有名な南雲吉則先生の若々しい姿や、星野リゾート社長の星野佳路さんも1日1食、世界一の金持ちと呼ばれているビルゲイツなども1日1食、ビートたけしも1日1食と呼ばれています。

 

成功者などは、1日1食が多いとも言われているのですが、実験してみると1日1食ではお腹がすぐに減ってしまい空腹に耐えきれなかったという人も少なくありません。

 

私がお勧めするのは、今までの1日の食事を2割ほど全体的にカットする方法です。
2割の食事をカットすれば間違いなくダイエットが出来ます。

 

さらに、人間の胃袋と言うのは、少食であればそれに合わせるかのように小さくなっていきます。

 

少食であったとしても、体は慣れていくという事です。
慣れるまでが大変かと思いますが、慣れるまでの辛抱と言う事で2割カットは実践してみる価値はあるでしょう。

 

 

ダイエット中のデザートについて

ダイエット中と言えば、デザートを食べてはいけないような雰囲気がないでしょうか?5キロ痩せる方法を考えたとしたら、デザートを食べないなんて言語道断と宣言する方もいそうですよね。

 

しかし、ダイエット中と言えども食後の口直しなども考えてデザートを食べたくなってしまう人も多いかと思います。

 

デザートはダイエットの敵と考えられがちですが、実際には食後のデザートは急激に血糖値が上がるわけでも脂肪を蓄えてしまうわけでもありません。
そのため、多くの方が思っているようにデザートはそれほど悪いわけではないのです。

 

ただし、食後のデザートに高カロリーなケーキを食べるなどはやめておきましょう。
何事にも限度があります。
ケーキをドカ食いしたら「痩せる方法ではなく、既に太る方法」になってしまいます。

 

尚、最近の痩せるデザートでは、市販のこんにゃくゼリーなどを愛用している人や低カロリーな寒天などを食べている方もいます。

 

これらは低カロリーで口直しにもよいため最適と考える方も多い実情があります。
ダイエットでデザートを食べる時に絶対にやってはいけないのが、食事を抜いてデザートだけを食べる事です。

 

これはタンパク質を摂取出来なかったり食事の偏りから栄養不足になってしまう可能性も高いのです。
実際に、これを続けると下手をすると病院送りになってしまう事もあるでしょう。

 

痩せる方法を実践したはずなのに、病院に行って病院食でダイエットが出来る可能性もありますが、それでは本末転倒です。
入院すれば病院食に変わるのでほぼ痩せるはずですが、方法としては間違った方向性です。

 

話を戻しますが、極端な事をすると最終的には、現在の体重よりも確実に増えますので注意してください。

 

尚、低カロリーなダイエットデザートに関してはクックパッドを調べたりすると出てきます。

 

食事を作る主婦や女性の方であれば参考にして作ってみてもよいでしょう。
もちろん、男性がデザートを食べると言うと可愛い感じがしますが、男性がデザートを食べても一向に構いません。

 

男性のデザートは見方によっては、グルメでお洒落な感じがするかも知れませんね。
ただし、デザートを用意する時に「これは痩せる方法になっているのか?」を自問自答して、ネットや書籍、専門家などからアドバイスしてもらうなどしてください。

 

 

ダイエットして疲れやすくなる場合は?

ダイエットをして体重が落ちたにも関わらず、体が疲れやすくなったなどの弊害を言う人がいます。

 

ダイエットに成功して「やつれる」とか、疲れやすくなったなどの症状は明らかにダイエットに失敗しています。
多くの場合は、運動をせずに過度な食事制限を行った場合に起きるのですが体調がおかしくなるのは、ダイエットの失敗と言えます。

 

本当のダイエットと言うのは、心身ともに健康になりながら痩せなければいけないのです。
ダイエットしたら身も心も健康になっていくのが「正しい痩せる方法」の定義だと私は思っています。

 

 

 

置き換えダイエットやファスティングで痩せる事が出来るのか?

置き換えダイエットやファスティングで痩せる事が出来るかですが、ダイエットは間違いなく出来ます。
それも継続l出来れば効果が高い痩せる方法にはなっています。

 

しかし、置き換えやファスティングでダイエットに成功した方を5年間追跡して状況を観察した人がいるみたいですが、それによると全員が5年以内にリバウンドしてしまったようです。

 

これに関しては、私がテレビから得た情報となっています。
そのため、信憑性については比較的高いのではないかと思っております。

 

ただし、普通にファスティングや置き換えダイエットをしようと思ってしまうと、中々続かない事も多いです。

 

「通のご飯に置き換えるだけ」と簡単そうに広告などで宣伝している場合もありますが、「それが一番難しいんだよ」とツッコミを入れてしまう人も多いと言えます。
尚、プチ断食道場や週末ファスティングなどでみんなで集まって実践したりする会もあるわけですが、そういう場合は場の雰囲気などもあり長続きする事も多いと言えるでしょう。

 

ただし、やめた瞬間からリバウンドが始まってしまうので注意が必要です。
置き換えダイエットやファスティングは私はお勧めはしません。

 

体重が落ちるのが早い事は私も理解していますが、長く出来る痩せる方法ではないのです。
毎年、夏前だけやるにしても年々痩せにくくなるため、下りのエスカレーターを頑張って登っているようなイメージがあります。

 

 

カロリーオフの落とし穴

最近ではダイエット商品は街に氾濫しています。

その中に、カロリーオフと書いてあったりする商品がないでしょうか?
中には、「カロリーオフ=痩せる方法」とまで考えてしまう方もいるのです。

 

カロリーオフと言う商品には落とし穴があると言われています。

 

カロリーオフの物を選んでいるはずなのに、太ってしまうという状態が起きるのです。
私は「カロリーオフの罠」と呼んでいるのですが、カロリーオフは確かに商品自体のカロリーは低くなるように設定されています。

 

しかし、カロリーオフの商品の味に関しては、普通の商品と違いは大差がないはずです。

 

カロリーオフの商品の場合は「人工甘味料」が使われている場合が大半です。
この人工甘味料が甘いのに、カロリーを低くしている事が多いと言えます。

 

しかし、この人工甘味料と言うのは自然界にはない成分で脳が認識できないという特徴があるのです。

 

そのため、カロリーオフの商品を食べても、また、別で食べたくなってしまうという欲求が起きてしまいます。
その事からカロリーオフの商品を食べると最終的には太ってしまうという現象が起きたりするわけです。

 

確かに、カロリーオフを上手く使って3キロとか5キロ痩せた人もいるようですが、非常にリバウンドしやすい方法ともいえます。

 

そのため、ダイエットしたいならカロリーオフの商品は食べるな!とも言いたいところもあるくらいです。
さらに、これは都市伝説なのか本当かは分かりませんが、人口甘味料には発がん性の物質が含まれているとも言われています。

 

そのため、体のためにも摂取は控えるべきではないでしょうか?
あと、カロリーオフの食べ物を食べて5キロ痩せたとか、余り聞かないと思います。

 

ダイエットに成功する人の人数も少ないのですが、カロリーオフの食品やドリンクは痩せる方法ではなく、長期的視点でみればリバウンドする方法です。

 

 

食物繊維を摂取する

ダイエット生活をする上で食物繊維は非常に重要です。

 

食物繊維は、腸を活性化して排出量を高める事ができるからです。
食物繊維を豊富に摂取すれば腸の蠕動運動を助ける事が出来ますし、食べても排出量が多くなればダイエットには役立ちます。

 

腸活ダイエットなるものも流行したりしていましたが、ダイエットと成分を吸収する腸はダイエットと非常に密接な関わりあいがあることが分かります。

 

ただし、お通じがよくなれば痩せるとかそういう物でもない事は覚えておきましょう。
日本人の中にも太っていても、お通じだけは毎日快便な方も数多くいるのです。

 

しかし、食物繊維を多くとる事で体重増加が防げるようになった方も数多くいます。
それを考えれば、ダイエットのためには食物繊維を数多く摂取しましょう。

 

ちなみに、私も毎日、必ず野菜ジュースを飲むなどして食物繊維を積極的に取るようにしています。

 

痩せる方法の一つに血糖値の急激な上昇を防ぐ手法がありますが、そのために食物繊維を利用しています。

 

 

たんぱく質を摂取する

ダイエットと言うと、低カロリーとか考えてしまう場合が多いのですが、たんぱく質は意外と重要です。

何故なら、筋肉を維持するにはたんぱく質が必ず必要になるからです。

 

失敗するダイエットのよくあるパターンが野菜ばかり食べてたんぱく質を摂取しない事にあります。

 

たんぱく質を摂取しないと、人間の体はエネルギーとして脂肪だけではなく、筋肉まで使うようになります。
そのため筋肉量が減ってしまい太りやすい体質になってしまうわけです。

 

私はタンパク質(プロテイン)を摂取しない痩せる方法はダイエットになっていないとすら思っています。

 

 

タンパク質と言うと「鶏肉」を思い浮かべる方もいるのですが、鶏肉だけではなくプロテインなどの摂取を考えておくののよいでしょう。
過度な食事制限をする方も多くは、たんぱく質をおろそかにするために、リバウンドをするために筋肉量が減ってしまい痩せにくい体質になっていくのです。

 

ダイエット中と言えどもタンパク質はしっかりと摂取したいところです。

 

 

5キロ痩せると言っても、たんぱく質はおろそかにしてはいけません。
痩せる方法の重要項目として、低カロリーだけではなくタンパク質も重視する事が大事です。

 

プロテインが最近、流行していますし、アスリートやジム通いの大半の方はプロテインを飲んでいるはずです。
特にスポーツジムやダイエット施設などに加入している方はプロテインを勧められている人も多い事でしょう。

 

プロテインの事を人工甘味料のようなものに感じている方もいますが、実際にはプロテインを日本語に変換すると「タンパク質」です。

 

安っぽいプロテインは危ないかも知れませんが、基本的にはダイエットををする上でカギになる成分となります。

 

ただし、プロテインさえ摂取すればダイエットになるとか、そういう痩せる方法は存在しませんので、あしからず!

 

 

 

ドレッシングの掛け過ぎに注意をする

ダイエットするならベジタリアンになって野菜をたくさん食べるようにしよう!と感じる人も多いようです。

 

実際に、野菜だけ食べるようなダイエット方法も存在しました。
実際に食事をキャベツやレタス、トマトばかりを食べるような痩せる方法もあったりします。

 

しかし、野菜を食べる上で気を付けなければいけないのが、ドレッシングです。

 

野菜にはドレッシングが付き物と考えるのは普通かも知れませんし、生で野菜だけを食べていても美味しくないと感じる方も多い事でしょう。
しかし、野菜にドレッシングを掛け過ぎるとカロリー超過になってしまい逆に太ってしまうのです。

 

特に、ドレッシングをたんまりと掛けてしまう習慣がある人は注意したいところですね。

 

ゴマだろうとフレンチだろうと、しそだろうとドレッシングを大量にかけると痩せる方法では既にありません。

 

 

 

炭水化物の摂取に気を付ける

今の世の中の多くの専門家は、炭水化物の摂取を控えればダイエットが出来ると言います。

 

炭水化物と言うのは、ご飯やパン、うどんなどの主食だと考えればよいでしょう。

 

これらを摂取しないと、栄養が体に運ばれないので、ダイエットが出来るというわけです。
さらに、世界的なモデルや美女の場合であっても、炭水化物は美容に悪いとかで食べない人も多いと言われています。

 

日本人と言うのは、古くから稲作の文化がありましたし、米などの炭水化物とは密接に関わってきました。

 

それらの昔からの習慣を無視して炭水化物を抜くというのは非常に大変だという説もありますし、炭水化物ダイエットはリバウンド率も高いとも言われています。
尚、何年か前にブームになった「おやじダイエット部」ですが、彼らは炭水化物抜きダイエットを行い痩せる事に成功しました。

 

痩せる方法としては、優れた方法になるのかも知れません。

 

しかし、一部の専門家によっては、炭水化物抜きは日本人の場合は、体に悪いとも言われています。

 

ダイエットの本を読んでみても、専門家によって意見が別れますので、どれが本当の事なのかは分からない場合も多いです。
ちなみに、私は炭水化物ダイエットは、どうしても続けることが出来ませんでした。

 

しかし、炭水化物ダイエットをしなくても、痩せる事は出来た事実があります。

 

 

それを考えると、絶対にやらなければいけない方法ではないのでしょう。

 

追記
痩せる方法として、低炭水化物ダイエットを取り入れようと考えている方は下記のホームページを見てください。

 

低炭水化物ダイエットに対して、農林水産省が警告を鳴らしている事が分かります。

 

農林水産省のホームページ

 

ページの中頃に、「やってはいけないダイエットあれこれ」という見出しの記事があり、そこを読んでみてください。
英国の食品基準庁の事などが書いてあります。

 

これを見ても極端な炭水化物ダイエットは健康を害する痩せる方法になっている事が分かりました。

 

数多くの痩せる方法を見て来た私ですが、国営のホームページを見て危ないと禁止されているダイエットを推奨するわけには行きません。

 

現在、痩せる方法として実際に結果を出している方も、身体を悪くして免疫力の低下や様々な害を感じます。

 

そのため、私は炭水化物ダイエットを痩せる方法として認定する事は出来ません。

 

また、国の方針が変わったり安全だとか健康が確認できれば「痩せる方法」として推進する可能性はあります。

 

 

 

空腹時間は作るべきか

ダイエットをする上で、空腹時間と言うのは非常に辛いものです。

何か食べたいけど、食べたら太ってしまう・・・これがある意味ダイエットの最大のストレスとも言えます。

 

しかし、空腹時間を作らないのが良いとするダイエット方法も存在するのです。

 

 

1日5食がいいとか、1日3食食べて、おやつも2回食べて、5食にするのが良いとか、6食が最適だとか、1時間おきに100グラムずつ食事を摂取するなど、空腹時間を作らない様にする痩せる方法も存在します。

 

 

ただし、空腹時間を作らないと言っても、ドカ食いをしてしまえば、意味はありません。

 

あくまでルールに則ってやるべきでしょう。
尚、空腹時間は出来るのが当たり前と考えるダイエット方法ももちろん存在します。

 

少食を貫く「1日1食ダイエット」などはそうでしょう。

 

 

ちなみに、1日1食ダイエットの本などを読んでみると、「お腹がグーグーなるのは長寿遺伝子が活発になっている」や「体が喜んでいる」などポジティブに考えるような事を書いている場合が多いです。
尚、8時間ダイエットの場合は「8時間以内であれば何でも食べてよい痩せる方法」になるのですが、ここでももちろん空腹感はありますが、我慢するしかないでしょう。

 

空腹感があった方がいいのか、ない方がいいかについてはダイエット方法によって分かれるところです。
尚、ファスティングや置き換えダイエットの場合は空腹感があって当たり前のようなところもあります。

 

痩せる方法として考えれば、極端なダイエットは続かないのでやめた方がよいでしょう。

 

ただし、1日1食などは慣れる事が出来るのであれば実践してみる価値はあるはずです。

 

 

食べる順番ダイエットは痩せる事ができるのか?

食べる順番ダイエットはテレビでも紹介されてブームになった痩せる方法ですが、これは食べる順番が決まっていて、それに従って食べる事で痩せるという方法です。

 

食べる順番ダイエットに関しては、簡単に言えば野菜などを一番最初に食べて、炭水化物であるご飯などを最後に食べるという痩せる方法になっています。
さらに、週に1回はドカ食いしてもOKというルールが採用されている場合もあるのです。

 

チートデイなどの関係で、そうなってしまうのですが、食べる順番ダイエットにおいては、爆発的に食べる日も必要と考える方も多いと言えます。

 

実際に、テレビで芸能人もチャレンジしてダイエットに成功した痩せる方法になるので、きちんとやれば痩せる事は間違いないでしょう。

 

ただし、やってみると分かりますが、最後にご飯だけを食べないといけないため、非常に侘しさがあったりします。
この最後のわびしいご飯があるので、やめてしまう方も多いのでしょう。

 

実際に私もチャレンジして、1週間くらいは続いたのですが、体重の変化はありませんでした。

 

1週間ぐらいしたら、忘れてしまったのか間違えて炭水化物を先に食べている自分がいました・・。
それ以来、1回もやっていません。

 

自分にはあっていなかったのか、失敗したダイエット方法の一つになりました。
私のように、ちょっとした油断で終わってしった方も多いでしょう。

 

お恥ずかしい話ですが、私的には失敗した痩せる方法です。

 

 

ダイエット中のおやつについて

最近では、豆乳おからクッキーを始めとする、痩せる方法を思わせる低カロリーなダイエットおやつがあります。

 

ダイエット中のおやつについてですが、基本的に私は食べない派です。
何故食べないかと言うと、おやつと言うのは無駄にカロリー摂取してしまうところがあり、食べない方がいいと思っています。

 

それに慣れてしまえば、おやつは食べなくても問題が一切ありませんでした。

 

尚、ポテトチップスが好きな人はかなりいます。

 

実際に私も昔、好んで食べていた時があったのですが、ポテトチップスって中毒性があると思いませんか?
1日食べてしまうと、次の日も食べてしまいたくなります。

 

これがダイエットに取って非常に悪影響を与えます。

 

何故なら、ポテトチップスと言うのは非常にカロリーが高いですし、脂っぽい食べ物でもあり、にきびが出来やすいなどの問題もあったりするからです。
ちなみに、私も昔はポテトチップス中毒の所がありましたが、現在3年以上に渡って食べた記憶がありません。

 

おやつが習慣になっている方は食べない努力をした方がよいでしょう。

 

ポテトチップスを食べるのは、痩せる方法と逆行している行動となります。

 

 

自分へのご褒美が「美味しい食べ物」になっている人は要注意

人間はいいことがあったり、頑張ったりすると、自分へのご褒美をしたくなるのではないでしょうか?
例えば、ダイエットに良い事をしたから、自分へのご褒美として・・・という奴です。

 

痩せる方法を実行して、5キロ痩せた!「ちょっと自分へのご褒美をしてもいいかな!」と思ったりする人もいることでしょう。

 

自分へのご褒美が、落とし穴になっている場合も数多くあります。

 

特に良い事をしたら「好きな物をお腹いっぱい食べていい」などの食事系のご褒美の方は要注意です。

 

何故なら、15分ダイエットのための運動をして、それでお腹いっぱい食事をしていたら、間違いなく太るからです。
人間には良い事をしたら自分へのご褒美は必要な事もありますが、ご褒美は「食べ物」と言うのは要注意です。

 

かといって、ご褒美がブランド物のバックと言うのも困った物ですが・・・。

 

しかし、痩せる方法の観点から考えたご褒美であれば、食べ物よりはダイエット器具やグッズ、化粧品などのダイエットと無関係でしかも自分がよく見えるための道具の方がモチベーションも上がってよいでしょう。
自分を美しくすることを考えれば、相乗効果を生む可能性もあります。

 

 

水を飲むのを習慣にする

人間は大半が水分で出来ているとも言われています。

実際に、その通りなのですが、水はダイエットのために必要なものです。

 

水を飲んだ方が脂肪燃焼されやすい事になります。

 

水を飲むと水分を摂取した分だけ体重が重くなってしまいダイエットに悪影響があると考える方も多いんです。

 

しかし、実際には水を飲むだけでも立派な痩せる方法となっています。

 

ちなみに、水ダイエットは列記とした痩せる方法でもあり、この方法は一日に水を2リットルから2,5リットル飲むという痩せる方法です。
尚、モデルなどは水分補給には積極的で、多くの女性が2リットルから2,5リットルの水を飲むとされています。

 

水を飲むと体重が増えてしまうようなイメージがあるかも知れませんが、それは一時的な物で、尿などで体から排出されていくのです。

 

痩せたいなら、水は積極的に飲みたいところです。

 

ただし、極端に5リットルとか飲みすぎてしまうと血が水分でかなり薄まってしまいます。
血が薄まりすぎてしまうと、命の危険もあるので、最高でも2、5リットルのとどめておくのがよいはずです。

 

海外では水をどれだけたくさん水を飲めるかの大会が開かれていて、優勝した方は7リットルの水を飲んだそうです。

 

しかも、トイレにも行かずに、どれだけ水が飲めるのか?という方法です。

 

その結果、水中毒になってしまいました。

 

水中毒とは

水中毒は、水分を大量にとりすぎてしまい細胞に水分が大量に入ってしまい細胞が膨れ上がり体は浮腫み始めます。

 

さらに、血液中のイオン濃度が減ってしまい、嘔吐や頭痛、呼吸困難、疲労感、神経過敏、痙攣などの副作用のような症状が出ます。
イオン濃度の回復のためにポカリスエットなどのスポーツドリンクを飲めばいいと思う人もいるかも知れません。

 

しかし、スポーツドリンクは液体なので、さらに水分を摂取してしまう事になります。
そのため、症状としては悪化してしまう可能性が高いです。

 

尚、水ダイエットは常温に水を飲むことが大事です。

 

冷蔵庫でキンキンに冷えた水の方が美味しいと思うかも知れませんが、冷えた水は細胞活動の低下や代謝も下がっていきます。
お分かりの方も多いかも知れませんが、限度を超えて大量に水を飲むのは痩せる方法ではなく、命の危険すらある危険な事だと認識しましょう。

 

痩せる方法として水を飲むなら、1日に2リットルから2,5リットルが最適と言えるでしょう。

 

ただし、体調の変異を感じたら医師に相談するなどの善処を行う事も忘れないでください。

 

 

ダイエット中に運動はするべきか?

ダイエット中に運動はするべきか?と言う話ですが、私はするべきだと思っています。
だけど先の話しだと「運動はカロリー消費が少なくて体重は減らない」って事ではないの?と思ったかも知れません。

 

上の方から記事をちゃんと読んでくれた人から見れば、食事制限に比べると「効率の悪い痩せる方法」と思えても仕方がありません。

 

確かに、運動はカロリー消費が少なくてダイエット効果は分かりにくい場合が多いのです。

 

しかし、運動と言うのは筋肉を増やしたりする働きがある事を忘れてはいけません。

 

つまり、代謝を増やすことが出来るのです。

 

これにより、普通に食事制限だけをした時に比べると、体が痩せやすくなります。
体が痩せやすくなるという事はリバウンド防止にも繋がる事になるのです。

 

実際に私もジムに通ってトレーニングはしています。

 

さらに、最近ではマッチョ社長の自己啓発本がブームになっていて運動だけではなく、筋トレなども注目されています。
本当に意味でくびれがあるスタイルがよい肉体を目指すのであれば、筋トレや運動は必要な事です。

 

痩せる方法では、体重減少は少なくても体脂肪は減っているなどの利点もあります。

 

 

運動をすると健康に良い

運動をすると健康に良い事は間違いないでしょう。
もちろん、ここで言う運動は適度な運動の事を指します。

 

毎日、疲労が抜けない位のハードな運動ではなく、体が調子よくなると感じる位の運動です。
私が運動をお勧めするのは、ダイエットのためだけではありません。
運動をすると、ストレス解消になったり、心身ともに元気になる働きがあると私は思っているからです。

 

実際に、「運動なんて疲れるだけ」と思った方がいたら、是非とも運動をしてほしいと思います。

 

 

ジムと自宅どちらがお勧め?

運動するならジムと自宅になるわけですが、どちらがお勧め出来るのか考えてみました。

ジムの場合ですが、ウエイトなどの負荷をいとも簡単に変更することが出来るので、トレーニングのしやすさで言えば圧倒的にジムの方が優勢でしょう。

 

しかし、ジムと言うのは、空いている時間に行かなければいけません。

 

もちろん、最近では24時間営業のフィットネスジムもありますが、それらは都市部に限られてしまい田舎の場合であれば、夜は10時までなどの時間制限を設けられる事も少なくありません。
特に仕事が忙しいなどの方は、お金ばかりジムの会費に払ってしまい結局は通えないなどの問題も起きたりするのです。

 

 

特に、ジムに在籍はしているけど、全然通う事が出来ない幽霊会員はかなり多いと言われています。
その点、家などではジムの都合と関係なく、出来るので時間の面で言えば家でやるダイエットの方がよいと言えるでしょう。

 

ただし、ここで一つ問題になるのは、「家だけでダイエットで成功した人は少ない」という事実です。

 

 

家でダイエットをすると言っても、自重筋トレや何らかのエクササイズを行ったり、ルームランナーやエアロバイクなどのダイエット器具を使い運動をする事になるでしょう。
しかし、ジムの場合だと「お金を払っているんだから勿体ない」という意識が働く場合もあるのですが、家などの場合であればつい怠けてしまう場合も多いのです。

 

何故、怠けてしまうかと言えば、「いつでもできるが故に怠けてしまう」という場合も多いのです。
尚、深夜のテレビでワンダーコアなどの腹筋マシンを知り購入して、家で実践している人も多いのですが、多くの場合は継続が出来ません。

 

家に籠ってダイエットが成功できる人は、よほど意志が強い人だけだとも言えます。
私の結論を言えば、お金と時間に余裕があるのであれば、ジムの方が圧倒的にお勧め!

 

ただし、短時間でも出来る簡単なダイエット方法が分かっていれば家でも良いという事です。

 

しかし、優れたダイエットと言うのは、数少ない現状があります。

 

自宅で一人で器具などは意外と続かない場合も多いです。

 

 

 

運動前に体に振動を与えておくとよい

ジムなどでは、ウェルトーンなどのダイエット器具が置かれている事が少なくありません。

 

ウェルトーンを見ると身体を機械でブルブル震わせてるだけで、これって本当に痩せる方法なの?と感じる人もいます。
しかし、ウェルトーンだけでは痩せる方法にはなりませんが、ダイエットにはかなり活躍してくれます。

 

私も運動前はウェルトーンを使って体を揺らせています。
手で脂肪を揉んでも代役になるのですが、やはり、ウェルトーンと言うのは非常に有効だと思います。

 

何が有効かと言うと、普通に運動をするよりも、運動前に脂肪を揺らせておいた方がいいという事です。

 

脂肪を揉んだり揺らしたりすると、脂肪は遊離脂肪酸に変わりやすくなります。
この遊離脂肪酸が体を巡るようになると、ダイエットには遊離なのです。

 

普通の脂肪に比べて、遊離脂肪酸に変えておくと、脂肪燃焼作用が高く少しの運動でも脂肪が減るようになります。

 

もちろん、遊離脂肪酸に変えても、有酸素運動などのエクササイズを行わないと、元の脂肪に戻ってしまいます。
しかし、遊離脂肪酸に変換している状態で運動をすると脂肪が減るスピードが上がるので有利なのです。

 

実際にウェルトーンを使ってみても、効果を感じられないかも知れませんが、見えないところで体への効果はあります。
尚、ウェルトーンなどはジムにはありますが、自分で購入して持つにはよっと億劫になるのではないでしょうか?

 

ダイエット補助器具に何十万も使う事が出来ない人が大半のはずです。
その場合は、手で自分の脂肪を摘まんだりすることで代用が出来ます。

 

ただし、ウェルトーンほどの威力はありませんので、そこは納得してください。

 

注意書きをしておきますが、揉んだりして脂肪に刺激を与えるだけでは痩せる方法にはなりません。

 

 

 

 

脂肪を減らしてから筋トレを行う

ダイエットするなら、筋トレと有酸素運動のどちらかがいいの?と思うかも知れません。

痩せる方法で考えた場合に、有酸素運動と筋トレで悩む人はことの他多いのです。

 

これに関しては、脂肪が多い段階では有酸素運動の方がよいでしょう。
有酸素運動と言うのは、トレッドミルやルームランナーで走ってみたり、散歩がてらにランニングしてみるなどです。

 

他にも、エアロバイクなどやスポーツジムに置いてあるヒルクライマーなどの軽い付加で運動をする行為となります。

 

最初の段階では有酸素運動を行い脂肪を減らす行為をする事が大事なのです。
脂肪が多い段階で、ハードな運動をしてしまうと、筋肉の中に脂肪が入ってしまい、霜降り筋肉となってしまいます。

 

松坂牛や神戸牛などの肉は、筋肉の中に大量の脂肪が入っていますが、それと同じ状態になってしまうという事です。

 

筋肉の中に入り込んでしまった脂肪に関しては、非常に脂肪燃焼されにくい特質があります。
こうなってしまうと、筋肉も脂肪も多い体になってしまったりします。

 

多くの方が目指すのは、くびれがあり脂肪が少ないスタイルではないでしょうか?
脂肪も筋肉も多い体になりたい人は少ないのではないかと思います。

 

それを考えれば、とにかく初期のうちは筋トレではなく、有酸素運動をメインに行った方がよいでしょう。

 

ただ単に根性でダイエットを成功させるのではなく、正しい知識を仕入れて賢く痩せる方法を実践する事がポイントです。

 

 

運動はモチベーションが上がる

私がダイエットに運動を取り入れる事をお勧めしている最大の理由はモチベーションが上がるからです。

食事制限だけだと、体重は落ちても喜びは感じられにくい特徴があります。

 

痩せる方法に運動を取り入れる事で辛いトレーニングやダイエットが快感に変わる可能性もあるのです。

 

しかし、ジムなどで運動をするようになってくると、明らかに体に変化が訪れるようになります。
例えば、男性で言えば腹筋が6つに割れて「シックスパック」になるとか、女性でいれば「クビレ」が出来て来るなどです。

 

鏡で自分の姿を見た時に、明らかにスタイルがよくなっているところを見ると、モチベーションが上がりますし、ダイエットのやる気にもなります。

 

実際に、鏡で自分の姿を見た時に、かっこよくなっていると、食事をもっと気を付けようとか、運動後にはプロテインを飲もう。
もう少し、体に負荷をかけて濃密なダイエットをするようにしよう!

 

など思う事が多いのです。痩せる方法が進化する可能性すら秘めています。

 

それを考えると、やっぱり、運動と言うのはダイエットには欠かせないと私は思ってしまいます。
体重を落とすだけではなく、真のプロポーションを手に入れたければ運動はするしかありません。

 

痩せる方法と考えると体重を落とすと考えがちですが、実際にはプロポーションを作るための運動が必要なのです。

 

 

エア縄跳びをやってみる

特に女性の方で運動が苦手という運動音痴の方もいます。

 

痩せる方法を考えた時に、運動やエクササイズなど体を動かす事の大切さは分かったけど、昔から体育が苦手だったんだよな〜。という場合です。

 

人によっては、縄跳びを普通に跳ぶだけでも苦手という極端な例もあるくらいです。
縄跳びと言うのは、縄を自分で回してジャンプする運動になるのですが、これが効果的な有酸素運動になります。

 

そういう運動音痴の方に向いているのがエア縄跳びです。

 

縄を持たずにイメージで縄跳びをします。

 

イメージなので自分が縄に引っ掛かることもありませんし、ぴょんぴょん縄跳びの動作で体を動かします。
それを3分間行い、少し休んでまた3分やるを3セットやってみるとよいでしょう。

 

尚、3分という時間は実践してみると意外と長く感じられる事も多いです。
身体が慣れるまでは、エア縄跳びは簡単かと思っていたけど、何て疲れる痩せる方法なんだ!と思う方もいるはずです。

 

どんな痩せる方法も慣れるまでは非常に苦労しますが、対策としては、徐々に負荷をかけていく事です。

 

最初から3分やろうとせずに、まずは1分間頑張ってみる!30秒ジャンプしてみるなど続ける意欲を出して実践しましょう

 

音楽を聞きながらやったり、少し体を捻ってジャンプしてみるなどの動作も合わせてやるとよいでしょう。
ダイエットエクササイズは体が固かったり、エクササイズがきつい、難しいなどで出来ない方も多いですが、エア縄跳びだったら誰でもできるはずです。

 

ただし、欠点として公園や広場、街中など目立つ場所では恥ずかしくてできない事でしょう。
家の外から人が見えない場所でやることが大事です。

 

痩せる方法を実践している努力を人に見せるのが嫌な方も多いので隠れてできる場所が最適です。

 

エア縄跳びは室内でも出来ると言う方もいますが、室内だと床が傷んだり抜けてしまう恐れがわるので私はお勧めしません。

 

尚、外でやっても熱中症になるほどはやらないでください。

 

エア縄跳びのカロリー消費ですが、体重が60キロの人が30分間エア縄跳びを行うと約250kcalのカロリーを消費出来ます。
1カ所で上下に跳ねているだけのエア縄跳びでもジョギング並みのダイエット効果があるのです。

 

 

水泳ダイエットをやってみる!

水泳でダイエットを考える方もいます。実際に、水中歩行などはカロリーを消費する以外にも自律神経を整え自律神経失調症対策や中枢神経の安定にもなります。ただし、条件としてはプールがある事が絶対条件です。冬の場合は、温水プールが備えてあるジムや市民プールや町民プールが存在する事です。

 

最初に言っておきますが、私は痩せる方法の中でも水泳は健康的でよいと思っています。

 

最近では、多くのスポーツジムで温水プールがあります。もちろん、会員制になっていて有料で使える場合が大半ですが、稀に超格安料金で使える市民プールなども存在します。
水の中では浮力が存在するため普通に歩くよりも膝などに負担が掛かりません。

 

ちなみに、肥満体の人は体が浮きやすく、筋肉質な方は水に沈みやすいです。筋肉と脂肪では体積が全く違うためこの様な結果になります。

 

尚、以前テレビの企画で水中で相撲取りのように太っている方と、ガリガリに痩せている人が綱引きを行いました。
膝ぐらいの水の浸かり具合であれば、太っている人が圧勝しましたが、首まで水が浸かってしまうと太っている人は体が水に浮いてしまうのか、痩せている人が圧勝しました。

 

話しがそれましたが面白い実験だと私は感じました。

 

話を戻しますが、水泳ダイエットは定年退職したお年寄りや太っていて膝を痛めやすい方にもお勧め出来ます。さらに、場合によっては施設のインストラクターがクロールや平泳ぎ、効果的な水中歩行などの指導も行ってくれます。

 

水泳はやってみると、30分泳げばかなり疲労が蓄積します。終わった後に、どっと疲れが来る場合も多いので、運動後の整理体操やマッサージ、ストレッチなどはしっかりと行ってください。
車などでプールまで泳ぎに来ている方は、水泳が終わった後も気を抜かずにしっかりと運転して帰りましょう。

 

水中で歩くときに、ロングブレスウォーキングのような呼吸を意識したダイエットをやってみたり、後ろ歩きをやってみる。など様々な工夫を行う事でさらに効果が上がります。
尚、水泳が終わった後は、身体をしっかりと洗うようにしましょう。プールの中は色々な細菌が潜んでいるとも言われています。

 

そのため清潔感には特に注意してください。尚、最近のプールは消毒のために塩素をかなり入れている場合が大半です。

 

皮膚が弱い方の場合は、肌に痒みが出る事もあります。痒みが出た場合は、プールの頻度を下げるなどの対処方法も考えていきましょう。
私は水泳ダイエットは、優れた痩せる方法の一つだと思っています。

 

あと、泳ぎすぎなどのオーバーワークにも注意をするべきでしょう。

 

ただし、ビュンビュンと体重が落ちるなどは絶対にありません。痩せる方法としては、スローペースで体重が落ちていき、ある一定のラインまで到達すると中々体重が落ちなくなる場合も多いです。
老若男女が実践出来る痩せる方法なので、興味と時間があれば実践してみましょう!

 

追記
施設によってプールのサイズは違います。多くの場合では25メートルのプールを採用されていますが、たまに50メートルのプールが常備されています。
さらに、マニアックな施設になると飛び込み台や潜水など及ぶだけではなく高所からの飛び込みなども出来ます。

 

高い所からプールに向かって飛び込むスポーツは「高飛び込み」と呼びます。オリンピック選手になると空中でバク転をしたり回転を加えて頭から水に落下します。
実際に「バンジージャンプダイエット」という痩せる方法も存在していますが、効果は不明です。ジェットコースターに乗るだけのジェットコースターダイエットと同じ位効果は不明です。

 

高飛び込みもダイエットになるかは不明ですが、しかし、小学生や中学生、高校生くらいであれば高飛び込みは好きな方もいます。

 

高い場所から飛び込むのは、一種の快感があります。ストレス発散にもよいかと思います。水泳ダイエットをやるのであれば、まずはプールに行く事から始めるべきでしょう。
尚、水着は露出が多いですし、女性であればビキニが着れる体型にならないと恥ずかしくていけない方もいます。

 

その場合は、まずは水泳を始める前に、他の痩せる方法でダイエットを行ってからプールに行きましょう!

 

尚、海やプールで水着になる日が決まっていて、その日までにどうしてもダイエットを成功させたい!と思った場合は痩せる確率が非常に高いです。

 

水着になった時に、恥をかきたくない気持ちと行く日(期日)が決まっている事が原因でしょう。
期日が決まっている場合は、痩せる方法として「食事制限」と「運動」を選択する場合が多いです。

 

やはり、最後は特殊な痩せる方法よりも確実に痩せる方法を選択すると言う事なのでしょう。

 

 

無酸素運動について

ここまでは、プールで泳いだりジムで筋トレなど有酸素運動を中心に紹介してきました。

 

しかし、近年では無酸素運動も効果がある痩せる方法として見直されてきました。無酸素運動と聞くと、酸欠になるまで息を止めておくのか?とか、特殊なハイテク技術が詰まった部屋で酸素がない状態で運動をするのか?などを想像する人が多いです。

 

有酸素運動に比べて無酸素運動はまだまだ痩せる方法として認知されていません。

 

無酸素運動のやり方を説明する前に、注意点として無酸素運動を行う前にはアップ「準備運動」はちゃんとやって体をほぐしておきましょう。尚、有酸素運動が長い時間を歩いたりする痩せる方法であれば、無酸素運動は短時間で集中して痩せる方法です。

 

まったく息を吸わないわけではありませんが、ほとんど息を吸わない状態で運動を行います。
有酸素運動が体脂肪や糖質をエネルギー源にするのに対して、無酸素運動は糖質だけからエネルギーを生み出します。

 

このため痩せる方法としては有酸素運動の方が分があります。

 

ただし、短時間で済む筋トレの意味では無酸素運動が有効なのです。
ダイエット初期の脂肪を落としたい段階であれば、有酸素運動の方が効果的な痩せる方法になっています。

 

尚、いきなりダイエットで無酸素運動から入ってしまうと、辛くて挫折する確率が多いです。

 

目標としては、有酸素運動である程度の脂肪を落とした後に、自分の筋肉を付けたり理想の体型のデザインになるための無酸素運動を活用しましょう。
あと、年齢が上の方や女性は強度な運動をする無酸素運動をいきなりするのは怪我や疲労による衰弱から免疫力低下に繋がり風邪を引くなどの病気になる場合もあるようです。

 

よって、老若男女に支持される痩せる方法は有酸素運動です。

 

ただし、短時間で集中力をもって実践するには無酸素運動も向いています。

 

 

 

ちょこまか動く事が大事

運動ではないのですが、痩せている人と太っている人の差で、普段の生活の差があります。
専門家の研究によると、痩せているか?太っているかは?代謝よりも普段の生活の方が大きい!と言う方もいる位です。

 

太っている人は、「すぐにゴロゴロしてしまう」などの、動かない生活が目だったりします。

 

それに比べて、基礎代謝が低くても痩せている方の場合は、「ちょこまか動く」事が習慣になっていたりするのです。
つまり、基礎代謝などよりも、「ちょこまか動いてカロリーを消費」する事の方が大事となります。

 

ちょこまか動いてカロリーを消費する事は立派な痩せる方法だったのです。

 

家に帰ると、すぐにゴロゴロしてしまう人や、食後にすぐに寝てしまう人などは、掃除をしたり食器をすぐに片づけて洗うなどてきぱき動く事を重視するべきです。
5キロ痩せるためには、様々な方法がありますが、食事・運動の他にも生活や睡眠時間などにも気を付けて欲しいところです。

 

痩せる方法は運動を行ったりするときだけじゃなく、日常に行動も大事となります。

 

 

ストレッチやマッサージでダイエットが出来るのか?

ダイエットDVDなどでは、脂肪燃焼しそうな筋トレやエクササイズの他にもマッサージやストレッチでダイエットが出来るという痩せる方法も存在します。

 

ダイエットエクササイズのズンバのようにダンスを踊ったりビリーズブートキャンプのように筋トレをして疲れる運動系のエクササイズはカロリー消費するので、痩せる事は間違いない!と考える人が多いです。
それに対して、マッサージやストレッチなどの痩せる方法に関しては、優雅に動いてストレッチをしたり、気持ちがよくなるようなマッサージをしたりして痩せる方法になっているのか?などの疑問を持つ方もいます。

 

確かに、ストレッチをお風呂上りなどに行えば体が柔らかくなりますし、リンパマッサージなどを行えば健康になったような気がするでしょう。

 

血の巡りが良くなったり健康になる事は間違いないのですが、ダイエットが出来るのか?と心配になる人もいます。
しかし、ストレッチやマッサージをした方が下手に運動をするよりも痩せる事が多いんです。

 

もちろん、ストレッチやマッサージが本物の実力派トレーナーや痩せる方法の専門家が監修や考案した事が絶対条件です。
あと、ストレッチやマッサージを積極的に運動や筋トレなどのエクササイズに組み合わせる事でさらなるダイエットが飛躍する場合もあります。

 

人間の体は、運動すれば痩せるとか炭水化物ダイエットなどの食事を制限すれば痩せると考えがちですが、マッサージやストレッチで体の調子を整える事でさらに痩せる場合もあるのです。
さらに、運動後の整理体操としてもマッサージやストレッチは積極的に取り入れていきましょう。

 

尚、ストレッチにおいては多くの方が同じポーズを10秒ほどとり体を伸ばしますが、30秒は伸ばさないと意味がありません。

 

ストレッチをする場合は、30秒は同じポーズを取るように努力しましょう。
ストレッチやマッサージやヨガも立派な痩せる方法ですし、最近では筋膜リリースと呼ばれるエクササイズも体をしっかりと伸ばして健康的に痩せると注目されています。

 

ストレッチやマッサージ、ヨガなどは優れた痩せる方法です。

 

下手にリンボーダンスを踊ったり、ヒップホップダンスを踊ってカロリーを消費するよりも優雅な気持で気分もよくなり心の浄化やケアにも繋がります。

 

実際に、ダイエットマッサージを行う事で新しい自分を発見出来たような気分になった方もいるようです。

 

 

 

EMSは痩せる方法になっているのか?

 

EMSは近年のフィットネス業界において最大のヒット作でもあります。
スレンダートーンやシックスパッドなどはクリスチアーノロナウド(世界的サッカー選手)や杉村太蔵などの有名人をCMに起用する事で有名になりました。

 

EMSについては、「痩せる方法だ!」と言う方もいれば「痩せない!」と断言する人もいます。

 

実際に、超音波や低周波・高周波などの電気の力で筋肉を収縮させてダイエットが出来るのか?という問題もあります。
EMSでよく聞く言葉として「腹筋300回」と同等の効果があるというキャッチフレーズです。

 

実際に、腹筋を300回やったのと同じだけの筋繊維の破壊があったt数字の上では出ているそうです。

 

ただし、専門家によっては筋肉を傷めているだけとも言います。
ほどよい筋肉痛と筋肉を傷めるのは似て非なるものです。

 

スレンダートーンは杉村太蔵さんが紹介していたり、ショップジャパンで宣伝されている事から日本で開発された商品を勘違いしている場合が多いです。
実際には、スレンダートーンはアメリカのBMR社が開発しました。

 

アメリカでは、近年、EMSの事故が多発しました。事故内容は、皮膚の擦り傷や極端な腹部筋肉痛などです。
これに対してアメリカの政府機関であるFDAは規制を出しました、それによるとEMSは脂肪を減らしたりクビレを作る筋トレ、ダイエットなどの効果は認められないとされています。

 

つまり、EMSは痩せる方法ではないとアメリカ政府が見解をしめしているのです。

 

ただし、アメリカ版のスレンダートーンフレックスに対してだけは効果が認められたような記載もありました。
しかし、どれ程の痩せる効果があるのかは一切わかりません。

 

私たちは、仕事もしなければいけませんし、余暇などの人生を楽しまなければいけません。
やはり、EMSのような効果があるのか無いのか分からない痩せる方法を実践するのは、よくないと思いました。

 

私は、有名人が紹介しようがモデルやオリンピック選手が紹介しようが現時点では、EMSは痩せる方法として認可していません。

 

EMSを使ったからと言って筋肉がパワーアップするなどもないでしょう。

 

 

ダイエットの停滞期を乗り切る

ダイエットをしていると成果が出て順調に体重が落ちていたのに、ある日突然体重が落ちなくなる事があります。

 

この落ちなくなってしまった状態をダイエット用語では「停滞期」と言います。
停滞期になってしまうと、減量が進まないためダイエットに対するやる気が失われたり、自分のダイエット方法が間違っていたんじゃないか?などと考えてしまいがちです。

 

しかし、ちゃんとした痩せる方法を実践していても停滞期と言うのは必ず起こるものなのです。

 

 

ホメオスタシス機能が停滞期の原因

ダイエットの停滞期の原因ですが、人間の体にはホメオスタシス機能という物が内臓されています。

 

ホメオスタシスと言うと成長ホルモンの種類か?と思いがちですが、別物です。

 

ホメオスタシス機能と言うのは、手や足のように自分で考えて動かせる機能ではなく、ある条件を満たすと自動で発動するようになっているのが特徴です。
自分では、ホメオスタシス機能が発動しているのか分からないため、停滞期は体重が落ちないと悩んでしまいます。

 

太古の昔は食糧事情が安定していませんでした。

 

そのため、食べれない状態が数日続く事もあったはずです。
そうした時に、今までと同じように体がカロリーを消費してしまったら、人間はすぐに動けなくなったり餓死してしまいます。

 

餓死状態を守るために「ホメオスタシス機能」が働くのです。
ホメオスタシス機能が働くと、身体は通常時に比べるとカロリーを消費しなくなります。

 

飢えに備えて、自分の体が省エネモードに入るのです。

 

つまり、ホメオスタシス機能は人間の命を守るための装置だったのです。
しかし、ダイエットで体重が落ち続けると、ある日突然、ホメオスタシス機能が働いて体重が落ちなくなります。

 

これはダイエット方法が間違っていたわけでもなく、誰にでも起こる現象です。

 

 

停滞期を乗り切るには

停滞期になると、モチベーションが低下してダイエットをやめてしまう人もいます。

 

自分の痩せる方法は間違っていたのではないか?と考えてやめてしまう場合もあるのです。

 

それとは、逆にダイエットをハードにして体調を崩す人もいるわけです。

 

しかし、停滞期に対する最良の策は、「停滞期だと理解して今までのダイエットを継続すること」なのです。

 

 

停滞期はダイエットを見直すチャンスでもある

停滞期でもう一つやって欲しい事があるのですが、今までの痩せる方法を継続しながら自分の生活を見直して欲しいんです。
例えば、始めた頃に比べて高カロリーな食べ物を摂取していないか?

 

運動をしている場合は、運動の量はどうなっているのか?

 

エクササイズをしている場合は、ちゃんとしたフォームでエクササイズをやっているのか?など基本に戻って確認して欲しいです。
その時に、悪い所があれば治してください。

 

悪いフォームでは効果が無いだけではなく、変な姿勢を取ってしまったりして痩せる方法ではなく、太る方法になってしまったりします。

 

それにより停滞期が終わった時に、さらにダイエットが加速してあなたのスタイルが良くなる事でしょう。

 

 

ダイエットサプリでダイエットを加速しよう!

ダイエットサプリと言っても様々なタイプの商品があります。

 

有名どころで言えば、酵素系、乳酸菌系、脂肪燃焼系、吸収抑制系、便秘解消系となるでしょう。

 

もちろん、サプリは錠剤ですが、成分はそれぞれ変わってきます。
それらの成分によって、何に対して働くのか自分でもチェックしてみましょう。

 

ただし、サプリを摂取するだけでは痩せる方法とは言えません。

 

運動や食事制限をしてこその「痩せる方法」です。

 

 

尚、ダイエット業界で最も多いジャンルの商品が、ダイエットサプリだと言う事は間違いありません。

 

海外サプリや有名・無名サプリを含めると全体の半分はサプリメントだとも言われています。
実際に私も、ダイエット商品のレビューなどの仕事をしているわけですが、サプリが全体の半数を占めていると言うのはほぼ間違いありません。

 

ただし、最も誇大広告や詐欺系の商品が多かったり、定期購入などで業者とのトラブルなどの問題を起こしているのはダイエットサプリと言ってもよいでしょう。

 

尚、誇大広告はいくつかの見分けるポイントがあるので、まずは見分け方を解説します。

 

 

 

誇大広告の特徴

ダイエットサプリ業界は誇大広告が特に多いです。

 

飲むだけで2週間で15キロのダイエットが出来るとか、1日1キロ痩せていくなどの記載がある場合は誇大広告だと思ってよいでしょう。
さらに、脂肪溶解が出来ると言うのも誇大広告です。

 

脂肪溶解と言う行為は病院などでしかやってはいけない事になっていまして、注射などを使うのが普通です。

 

それをサプリで出来るわけもありません。

 

他にも、脂肪吸引クラスの痩せる方法などの表記も誇大広告の特徴です。
脂肪吸引は専門のクリニックでないと行ってはいけない事になっています。

 

その脂肪をダイレクトに取ってしまう脂肪吸引とサプリが同じ効果であったら困ります。

 

その他にも、アブラ毒水のような表記や食べた物の9割以上のカロリーをカットできるなども誇大広告の特徴です。
極端な表現が多かったりする場合は、誇大広告の可能性が高いのでその場合は口コミをチェックする事をお勧めします。

 

「商品名 口コミ」でグーグルやヤフー検索で調べてみれば情報が分かります。
ただし、口コミサイトであっても業者が入り込んでいる場合もあります。

 

称賛ばかりの口コミは業者のヤラセの可能性も高いのです。

 

尚、サプリの販売ページでは体験談が多く掲載されている場合もあります。

 

販売ページでの飲んだ方の体験談は、良い事しか書かれていない場合が多く参考にしない方がよいでしょう。
参考になる口コミは、本当に痩せる方法になっているかどうかのリアルな口コミです。

 

そもそもダイエットサプリと言うのは、単体での痩せる方法ではなく、「痩せる方法のサポート」です。
つまり、運動効率を高めるサプリであれば運動をしなければ意味がありません。

 

大切な事は運動や食事制限などダイエットに適した生活をした上でサプリを飲むことが大事だと言う事です。

 

 

 

皮膚に塗ることでダイエットが出来る商品があるって本当なのか?

ダイエットジェルとかダイエットムース、ダイエットローションなどをご存知でしょうか?

 

これらは塗り物を塗ることで痩せる商品です。
塗ることで痩せる方法になっているのか?という疑問もあるかと思いますが、メーカーの方の解説としては痩身成分が含まれていて痩せる事が出来る事になっています。

 

しかし、中にはトウガラシエキスなどの成分が入っていて、塗ることで皮膚が熱くなるジェルなどもあります。

 

一世風靡したバンビウォーターなどはその典型でした。
さらに、お腹に塗ることで内臓脂肪も減るとか、部分痩せ可能と宣伝している商品すらあります。

 

専門家に確認したのですが、塗ることで皮膚の下にある脂肪を溶かすとか燃焼させるのは難しいとの事です。

 

熱くなるのも、トウガラシを塗って温度を出しているとか、そういうレベルのと変わりがないそうです。
浮腫み解消に役立つと言う方もいますが、ジェルやローションでむくみが消えるのではなく同時に行うマッサージの良し悪しでムクミが消えるのかが決まります。

 

やはり、塗る系ダイエットでは内臓脂肪どころか皮下脂肪も落とす事は難しいです。

 

最近では、MCTオイルなども流行していますが、同様に塗り込むだけではなく効果的なマッサージをしてこそ痩せる方法になると覚えておいてください。

 

 

部分痩せは可能なのか?

日本人の多くの方は下半身太りに悩んでいます。

 

特に、太ももやふくらはぎの太さに悩んでいる人も多いです。

 

昔は、大根足とかの言葉が流行しましたが、骨格からなのか下半身が太りやすいのが日本人の特徴です。
他にも、二の腕の脂肪を落としたいとか、そういう方もいます。

 

ダイエットの三大脂肪が付きやすい部分と言えば、お腹でも特に下腹と、内腿、二の腕ではないでしょうか?

 

この3つの脂肪を落とすために様々な部分痩せ商品が存在します。
装着系もあれば先ほど、紹介したような塗り物系も存在するのです。

 

一昔前は、「部分痩せは不可能」とも言われていました。

 

しかし、現在では有効なマッサージを行う事で部分痩せは可能と言う研究結果が主流です。

 

 

骨盤ダイエットは痩せるのか?

骨盤ダイエットは、以前にテレビで専門家同士が意見をぶつけ合っていました。

 

私の記憶によると、高須クリニックの院長と骨盤ダイエットの第一人者とも言われている福辻鋭記先生です。

 

高須院長は骨盤ダイエットは痩せる方法になっていないと言いますし、福辻鋭記さんは痩せると言います。
どちらが正しいのかは引き分けのような感じで終わったのですが、賛否両論があります。

 

私の骨盤ダイエットに関する見解ですが、本屋などで売っている書籍やおまけのグッズなどの骨盤ダイエットグッズを購入するよりも、整体にでも行って専門家に見てもらった方がよいでしょう。

 

私は1カ月に1回は整体に通っていますが、同時の骨盤の歪みも矯正してもらっています。
自分でグッズを使ってあれこれやっているよりも、プロの見てもらった方が早いと思いました。

 

整体は症状によっては、保険が利く場合もあります。

 

もちろん、専門の整体院に限りますが、保険が利けば格安で施術を受ける事が出来るのです。

 

あと、疲れが取れないとか、睡眠が浅いと感じる方も整体をしてもらい骨盤矯正をしてもらう事でグッスリと質のよい睡眠を取ることが出来るようになる場合もあります。
身体を長く使うためには、骨盤ダイエットはやらないよりはした方がよいでしょう。

 

ただし、減量するとかの痩せる方法として考えるよりも、体のバランスを整える健康のために行くべきです。

 

痩せる方法で考えればリンパマッサージやツボ押しなどの方が老廃物を排出出来るので体の健康になりお勧めです。

 

 

 

更新履歴